宇宙旅行用の宇宙服をアディダスが開発!宇宙服っていくらするの?

宇宙旅行用の宇宙服を開発

アディダスがイギリスの企業ヴァージン・グループと提携して宇宙旅行用の宇宙服を開発しているというニュースが流れました。

宇宙旅行を企画するヴァージン・ギャラクティック社では、一人あたり25万ドルで宇宙旅行ができるそうです。ただし、実現はまだ先です。

今回アディダスが開発している宇宙服は、特殊素材を使いこれまでの宇宙服よりも動きやすくなっています。すでに試作品が出来上がっているとのこと。

宇宙服っていくらぐらいするのでしょうか?宇宙食ってどんな物を食べるのでしょうか?気になったので宇宙に関する疑問を調べてみました。

宇宙服・宇宙旅行に関する注目記事

山本耀司×アディダスのブランド「Y-3」が宇宙服を開発

山本耀司が手がける「アディダス(adidas)」のスポーツブランド「ワイスリー(Y-3)」が、宇宙旅行ビジネスを行う民間企業ヴァージンギャラク ティック社(Virgin Galactic、以下VG社)と協業して世界で初めて宇宙旅行用アパレルの開発を進めていることを発表した。

リチャード・ギャリオット 誰もが気軽に宇宙旅行できる将来を夢見て

これまでは実現が難しかった商業宇宙飛行はまもなく始まると思います。すでに、高度100kmまで一気に上昇して、数分間の無重力体験をして地上に降りてくる弾道飛行に関しては、いくつかの会社がサービスを始めようとしています。

ヴァージンギャラクティック社宇宙旅行を動画で紹介。

リチャードブランソン会長がヴァージンギャラクティック社が実現する民間宇宙旅行つい-て自ら解説します。今までの経過やプロジェクトの全体像がよくわかる動画です

宇宙旅行の費用は どれくらい かかりますか?

JTBで販売している宇宙旅行の料金は次の通りです。(円表示は1ドルを100円とした場合の概算)

宇宙服の歴史 デザインからみるNASA近代宇宙服の歴史と能力

時代、モデルにもよりますが、宇宙服一着の値段はなんと10億円程度と言われています!! 7人で行けば70億です。 宇宙服だけを作っている会社があるぐらいですが、なるほどこれは生計がたつなと思ってしまいますね。

NASAもSpaceXも、21世紀の宇宙服はスタイルにこだわる

機能も大事だけど、見た目も大事!と。未来の宇宙服は、単に宇宙空間での生存を可能にするだけじゃなく、見た目だって大事です。だってこれから他の惑星に降り立つとき、歴史的瞬間の勇姿はカッコいいほうがいいですよね。

宇宙服の値段はいくらですか

スペースシャトル用に米国が開発した船外活動用宇宙服(Extravehicular Mobility Unit: EMU)は、宇宙服アセンブリが100万ドル(約1億円)、生命維持装置が

宇宙服の役割や構造について教えて下さい

宇宙服(船外活動ユニット(EMU))は宇宙飛行士が宇宙船の外に出て作業するときに着用するもので、これだけで宇宙空間に漂う人間を守ってくれる、小型の宇宙船とも言えるものです。

JAXA|見た目に美しい宇宙服の実現をめざして

次世代先端宇宙服の研究をしています。宇宙服は、身体側から「冷却下着」「気密拘束層」「断熱防護層」に分かれていて、私は冷却下着と断熱防護層を担当しています。冷却下着の役割は、体温が上昇した人間の体を冷やすこと。

宇宙服のために開発された素材が温度調節ウェアに AOKIが販売

宇宙服のグローブ用として実用化された温度調節素材「アウトラスト(OUTLAST)」を使用し、オールシーズン快適に着用できるという。

宇宙日本食 – 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター – JAXA

宇宙日本食に認証された食品(14社29品目)を紹介します。

マルハニチロと宇宙食

マルハニチロと宇宙食のかかわりは、1985年に宇宙開発事業団(NASDA)による委託業務「米国宇宙基地計画予備設計参加」の下部組織として”宇宙食勉強会”が発足し、その参加企業6社のうちの1社としてマルハニチロ(当時大洋漁業株式会社)が選ばれたのが最初です。

宇宙食 ストロベリーアイス、たこ焼き、えびグラタン、プリン

口に入れた瞬間に甘さが広がり、アイスのように溶けてなくなります。冷たくないストロベリーアイスクリーム

これが「現実的な」宇宙エレベーター?:カナダ企業が特許取得

カナダの宇宙開発企業が、空気注入式のセグメントを組み立ててつくる「宇宙エレベーター」の米国特許を取得した。

宇宙開発技術の民間転用の具体例を教えてください

NASA等によって開発された宇宙用技術が、後に民間に転用され、一般的になったモノ(技術または商品)をお教え下さい。電子レンジやジッパー(ファスナー)がその例だと聞いた事があるのですが、本当でしょうか?

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.