恐竜か鳥か?兵庫県で卵の化石発見!恐竜の研究はどこまで進んでいるのか!

恐竜か鳥か 卵の化石発見

兵庫県丹波市の地層から卵の化石が複数発見されたというニュースがありました。

1億1千万年前の地層から発見されたこの卵は恐竜のものか鳥類のものかまだわからないそうですが、もしかしたら、恐竜の巣なのでは?と期待されています。

以前は「日本列島に恐竜は存在していなかった」というのが定説でしたが、岩手県や福井県で恐竜の化石が発掘されると、その後も各地でたくさんの化石が見つかるようになりました。

日本の領土から恐竜の化石が発見されたのは1934年樺太で発見されたニッポノサウルスが最初なのだそうです。1978年には岩手県で上腕骨の一部が発見され、その後福井県などで多くの化石が発見されています。

現在までどのような恐竜の化石が発見されたのでしょうか?恐竜に関する研究はどこまで進んでいるのでしょうか?気になったのて調べてみました。

恐竜の化石・鳥盤類、恐竜の研究に関する注目記事

恐竜の巣?密集状態の卵化石 国内初、丹波で発見

形状をとどめた卵化石が密集した状態で見つかったのは国内初。地元住民による大発見で、太古の営巣地を思わせる化石に、同館は「同じ巣の卵の可能性もあり、営巣や繁殖行動を知る上で世界的に貴重な手がかりになる」とする。

手取層群~福井・石川・富山・岐阜に広がる一大化石産出層~

手取層群は、日本における最大の恐竜化石の産出エリアです。ここは中生代白亜紀に陸(湖や川)で堆積した地層で、恐竜はもちろん、それ以外にも亀やワニなど多くの陸生生物の化石を産出していおり、日本の中生代を研究する上で、大変重要なエリアです。

日本の恐竜発見史

日本で初めて発見された恐竜の化石は,1978年,岩手県岩泉町茂師で発見された竜脚類の上腕骨の一部です。発見された場所に因んで,「モシリュウ」と呼ばれています。

恐竜“全身骨格”発掘に挑む

全身の骨格が明らかになることは重大な意味があります。骨の化石を詳しく調べることで、これまで謎だった白亜紀の日本の姿の解明につながるかもしれないのです。NHKは2年半に及ぶこの発掘に独占密着しました。

化石発掘方法

化石発掘体験場所の地質は第三紀鮮新世の砂岩で,比較的もろいため子どもでも容易に発掘が可能です.使う道具もほぼご家庭にあるもので代用できます.

北海道で、恐竜全身骨格の発掘が進行中!

北海道むかわ町では、2013年から恐竜化石の発掘が行われています。発掘は3年計画で進められているもので、2013年の9月に最初の発掘が行われ、今年の9月にも2回目の発掘が行われました。

恐竜化石が見れる日本の博物館

旭川市博物館:上川盆地産の化石を展示。 足寄動物化石博物館:1998年の7月にオープンした博物館で、デスモスチルス類の化石骨格はじめ足寄動物化石群が展示。

大型ティラノサウルス科の歯の化石、長崎で発見 国内初

長崎市教育委員会と福井県立恐竜博物館は14日、長崎市の長崎半島西海岸にある白亜紀後期の三ツ瀬層(約8100万年前)から、ティラノサウルス科(獣脚類恐竜)の大型種としては国内初となる歯の化石を発見したと発表した。

日本で唯一ティラノサウルスのスーが観られる。北九州市立いのちのたび博物館

福岡県北九州市にある、北九州市立いのちのたび博物館は、ティラノサウルスのスーをはじめ、大量の恐竜等の古生物の全身骨格が展示されている大規模な博物館です。

ティラノサウルスの最大全長

ティラノサウルスの最大全長随分と調べました。古生物学者(専攻恐竜)にもかなり聞きました。恐竜学者の現在の常識ではやっぱり「スー」が一番大きいらしいです。

カルカロドントサウルスの歯の化石

鳥盤類の恐竜

鳥盤類とは獣脚類、竜脚形類と並ぶ、恐竜の三大グループのひとつで、広く世間で知られている代表的な恐竜である「トリケラトプス」や「ステゴサウルス」もこのグループに属しています。

始祖鳥はやっぱり鳥だった?新たな「最古の鳥」発見で系図見直し

チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)の「種の起源」出版からわずか2年足らずで発見された始祖鳥は、長年にわたり、進化の過渡期にある種の代表格とみなされてきた。

伝えるべき事は何か~鳥と恐竜の関係研究から

ドイツで妙な化石が見つかった時、大きな話題を呼んだ。それの保存状態がもしよくなければ、それはきっと小型の爬虫類であるとされて終わるのみだったろう。しかし、それらに羽毛の跡がついていたことで、それについての解釈は一気に変わる。様々な人物が頭を悩ました。そしてその結果、彼らはそれを、鳥の化石であると見抜いたのだ。

日本恐竜紀行第7回:国立科学博物館~新館:巨大獣脚類と鳥への道~

日本恐竜紀行第6回「恐竜の進化と絶滅」でも述べたが、鳥は恐竜を定義する特長をすべて備えている。逆に鳥を定義する特長(恒温性、羽毛、叉骨)をもった恐竜も発見されている。恐竜と鳥の区別は難しい、というか事実上不可能である。つまり、鳥は恐竜の一部、鳥=恐竜と考えることができるのである。

「恐竜の故郷」と呼ばれる街の工事現場で大量の卵の化石が発見される

中国・広東省にある河源市で、道路工事の現場から恐竜の卵の化石が大量に発見されました。発見された卵の化石の中にはほとんど無傷の状態で見つかったものもあり、考古学者たちの関心を集めています。

最古の恐竜の胎児の残る卵化石

南アフリカにあるジュラ紀前期の地層から、胎児の残る卵化石が発見されました。およそ1億9000万年前の化石で、胎児の残る化石としては世界で最も古い化石です。今までに白亜紀のものが見つかっています。

恐竜・翼竜大図鑑 (6)恐竜の一生とは?

恐竜の卵の化石は古くから発見されていて、中でも1923年、ロイ・アンドリュースによる『プロトケラトプスの巣と卵』の発見の話が一番有名です。このとき、近くで別の新種の恐竜が発見されたため「この恐竜は、プロトケラトプスの卵を泥棒しに来たに違いない」ということで、卵泥棒を意味する「オヴィラプトル」と名づけられました

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.