格安SIMとは?格安SIMカードはお得?

格安SIMとは?

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMや格安SIMカードといった言葉を耳にすることが多くなりました。どうして格安SIMが注目されているのでしょうか?気になったので調べてみました。

SIMカードとは、スマートフォンやタブレットに入っているチップのことです。このチップには固有のIDや電話番号などが記録されています。通信事業者は、SIMカードに記録されているIDや電話番号などの情報で利用者を特定しているのです。

では、格安SIMとは何でしょうか?字を見ればわかりますよね?値段が安いSIMカードという意味です。何の値段が安くなるのか、それは毎月の使用料が安くなる・・・つまりスマホやタブレットを使用するために通信会社に払っている毎月の料金が安くなるのです。

例えば、スマートフォンを使用している人の多くが、ドコモ、au、ソフトバンクと契約して月額使用料を払っています。この金額ってけっこう高いですよね。契約内容にもよりますが、だいたい毎月6,000円~8,000円ぐらい払っているのではないでしょうか?

それが、格安SIMカードを使えば、月額使用料を大幅に安く抑えることができるのです。では、なぜ格安SIMカードは低価格の月額使用料を設定できるのでしょうか?

その理由は、格安SIMカードを提供する会社は、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアの回線を借りて運営を行っているからです。

自前の電波塔や基地局、店舗を持たずに通信事業を営むことができるのです。設備投資や毎月の維持経費を安く抑えることができるので、その分月額使用料を低価格に設定できるという訳です。

大手キャリアの回線を借りて通信事業を行っている企業をMVNOと言います。このMVNOが販売しているSIMカードをスマートフォンやタブレットに挿すことで、格安の料金で通信ができるのです。

月額使用料がそんなに安くなるなら、MVNOの格安SIMカードへ乗り換えてしまいドコモ、au、ソフトバンクは大丈夫なの?と思ってしまいますが、格安SIMカードにはデメリットがあるのです。

一般的には、インターネット(通信)と音声通話に制限がかけられています。インターネットのデータ容量が決まっている、音声通話ができない、2年間契約を継続しなければならないなどの決まりがあります。

仕事やプライベートでしょっちゅうネットに接続している人や、スマホや携帯で音声通話をよくする人は格安SIMカードには向いていません。緊急時以外は音声通話はしない、ネットもたまにしか接続しない、用事はメールやLINEでほとんど済ませているという方は格安SIMカードに乗り換えたほうが断然お得になります。

では、格安SIMカードの月額使用料っていくらなのでしょうか。一番安いプランが音声通話なしのプランです。DMMモバイルのデータSIMプランは1GBで月額660円です。音声通話とデータ通信1GBの通信SIMプランだと1260円です。

IIJmioの音声通話とデータ通信3GBのプランだと月額1600円です。楽天モバイルは音声通話とデータ通信3.1GBで月額1600円です。

格安SIMとは?・関連サイトの紹介です

DMMモバイル

とにかく安く!手軽に使いたい!という方へ、業界最安値のデータプランをご用意しました。2台目スマホやタブレットにもオススメです。

SIMフリーLTEスマートフォン

IIJmio

多くの格安SIMは、高速通信できるデータ量を使い切ると低速状態になり、使い勝手が大きく下がってしまいます。ですが、IIJmioは低速状態(クーポンが「オフ」の状態)でもはじめの一定量だけ高速通信できる「バースト転送」で非常に快適に使うことができます。

SIMフリータブレット

楽天モバイル

ドコモの回線を利用しているので安心のつながりやすさ!※3もちろんLTEも使えます!ドコモと同じ下り最大150Mbpsの高速通信※5が利用できるので、快適なインターネット通信が楽しめます。

音声通話対応格安SIMカード比較

090/080から始まる電話番号で音声通話ができる格安SIMと、そのプランをまとめてみた。LINEや050 plusといった通話アプリが登場しているとはいえ、まだまだ従来の電話がいいという方も多いだろう。音質もいいし、緊急通話もできるし、なにより扱いが簡単なのがメリット。キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換える方にもおすすめだ。

SIMカード乗り換えの流れ

docomo、au、Softbankなどのキャリア以外から発売されているSIMカード。とはいえ、ちょっとハードルが高そう?…いえいえ、そんなことはありません。導入はとってもカンタンなんです!

格安SIMに乗り換えるときの手順

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.