新卒の就活 労働条件のトラブルが増えています!

労働条件のトラブル 就活ブラック企業

2017年に卒業する学生の就活がスタートしました。今年も比較的就職しやすい売り手市場だといわれています。

良い人材を集めようと企業側も必死です。中には労働条件をあいまいにしたり、好待遇を装い人材を確保しようとする企業もあるようです。

中途採用の場合は、ある程度社会人としての経験があるので、「何となくおかしいな?」と気づくのですが、働いた経験の少ない学生の場合は、だまされてしまうケースもあるようで、ハローワークには毎年たくさんの苦情が寄せられているとのことです。

どのような苦情があるのでしょうか?気になったので、労働条件のトラブルに関する情報を集めてみました。

労働条件のトラブルに関する注目記事

ブラック企業体験談(大手企業編)

新卒で入社した会社がブラック企業でした。学生時代は、就職超氷河期。何がなんでも内定を!と思い、事務職希望でしたが、営業職に切り替え、就職活動を行い、夏に内定が出て、ほっとしたのも束の間。内定後、某巨大掲示板で検索すると出てくる悪評の数々。

やっと採用されたと思ったら“ブラック企業”だったバカ正直、口下手な人が損をする日本の就活事情

私自身も、大学を卒業するまでは順調だったのに、働くことにつまずきました>?こう明かすのは、中部地方に住む20代後半の男性Aさん。いまは、家族経営の零細企業で、身内とともに働いている。

募集広告を吟味しよう | 労働基準法違反を許すな!

就職・転職をする時、ほとんどの人が募集広告や求人案内を見て応募すると思います。しかし募集する側は出来るだけ多くの応募者のなかから優秀な人を選びたいわけですから、魅力的な労働条件に見せるためにあの手この手を考えているもの。

募集内容と労働条件が違う!

「実際に働き出してみたら、募集内容と違う仕事を命じられた!」「休日や給料、諸手当て等の条件が聞いた話と違う・・・」職場でよくあるトラブルの1つです。特に最近は派遣労働者も増えてきたので、派遣先に言ってみたら聞いていた話と違うというようなトラブルも増加傾向にあるようです。

求人票と実際の労働条件が違う!「詐欺求人」被害者の電話相談、全国の弁護士が実施

ハローワークの求人票や求人広告に記された労働条件とは異なる、劣悪な環境で働く労働者の電話相談に弁護士が応じる「詐欺求人 相談ホットライン」が、2月25日(木)に実施される(主催:日本労働弁護団・ブラック企業被害対策弁護団)。

求人票の情報がほとんどウソ。これは詐欺なのでは?

昨年現在の会社に入社しました。ハローワークの求人表で見つけた会社なのですが、求人票には「正社員募集」「店長もしくは副店長募集」「昇給昨年実績3000~10000円」

新卒でブラック企業に努めさせていただいております。

まず、私の会社のブラックだと思うところを主体的に上げていきます。〇勤務体系について週休2日制を謳っているが、週6出勤、祝日も休みにならない事が多く、年間休日数は60日程度。月出勤数は26~27日、連休は基本なし、人によって13連勤などとの声も。

新卒・若手を大量に採用して急成長中の会社はブラック企業?

伸び盛りのビジネスを手がけ、急成長を遂げる会社があります。中には若手社員を大量に雇って、週40時間以上の勤務をさせている場合も。ではこれらの企業をすべて「ブラック企業」と呼んで非難の対象にしていいのでしょうか。

なぜ新卒の離職率悪化がとまらないのか?

景気が少し持ち直したとはいえ、未だに就職することはカンタンではない時代。にも関わらず、厚生労働省10月29日発表したデータによれば、せっかく苦労して就活して、就職に成功しても、3年後に辞める人は、大卒で31%、短大卒39.9%、高卒で39.2% 、中卒で62.1%。大卒では3人に一人が離職するそうです。

オワハラ対策で新卒就活生は就職先を間違えるな

オワハラとは就職活動を終わりにさせるための企業側の囲い込みの対策です。新卒の就活生はどのように対応すればよいのか

新卒の内定取消

私は、大学の推薦を受けて、書籍の販売を業とする出版社の求人に応募しました。そして、筆記試験と適性検査を経て、面接試験と身体検査を受けた結果、文書で採用内定の通知を受け取りました。その後、会社から内定者研修の連絡がありましたが、私は、卒論が未提出だったので、

就活は3つの質問に答えるだけ。

どんな企業でも必ず聞かれる、その質問に答えるには?学生も親も就職課も知らない、内定を獲る絶対法則。大手から内定続々の

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.