修学旅行の行先は?私立小学校がアメリカ?海外が当たり前なの?

shugakuryokou

埼玉県の私立小学校の女性校長が、修学旅行のため訪れたアメリカで、学校のお金およそ1千万円を私的に流用したのでは?という疑惑が発覚しました。

このニュースで気になったのは修学旅行の行先がアメリカということです。いまどきの小学校の修学旅行は海外が当たり前なのでしょうか?

お金持ちの私立だからでしょうか?公立学校はどうなのでしょうか?

気になったので今どきの修学旅行について調べてみました。

修学旅行・関連サイトへの紹介

小学生の時の修学旅行はどこへ行きましたか?

1,000人の人に「小学校の修学旅行でどこへ行ったか」を聞きました。頂いた回答をブロックに分け、「そのブロックに住んでいる人の修学旅行の行き先」を集計してみました。各地域によって行き先に特色があることがわかりました。

関東地方出身者 修学旅行先の定番

電車で行け、歴史的な建造物も多く、しかも温泉地で宿泊施設も豊富、とくれば人気が集まるのもうなずけます。関西や東北からも、中学での修学旅行先との回答が寄せられ、恐らく日本一の修学旅行先ではないかと思われます。関東地方の行き先では、箱根、東京ディズニーランドなども。

結果発表!地方別「修学旅行の行き先」、あなたはどこだった?

全国では「関西」が一番人気で35.0%の得票率。レジャー化が指摘される修学旅行だが、歴史学習のスポットに事欠かず、宿泊先も整っている京都・奈良はやっぱり定番だ。

高校の修学旅行、行先の1位は「九州・沖縄」

修学旅行に行く時期は、「高校2年生の10~12月」がもっとも多く45.3%、次いで「高校2年生の1~3月」19.0%、「高校2年生の4~6月」15.8%、「高校2年生の7~9月」10.4%、「高校3年生」7.9%、「高校1年生」1.6%。高校2年生の3月までに実施する割合は92.1%に上る。

行き先は近隣エリアが多い傾向 移動距離は短めに

居住地別に集計してみると、北海道、東北、関東、九州/沖縄に居住している場合は9割前後が同じエリア内を行き先としている、という結果が顕著でした。6年生とはいえまだ小学生です。学校側も移動距離はなるべく短く、と考えているのかもしれません。

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.