合鍵を作るときに必要なもの

合鍵作る

多くの場合、鍵の紛失に備えてスペアキーが用意されています。だいたい2~3本はスペアキーがあると思います。しかし、紛失などによってスペアキーの数が少なくなった場合は、鍵本体を交換するか合鍵を作ることになります。

防犯上は鍵を交換したほうがいいのですが、料金が高くなるので合鍵にするケースも少なくありません。鍵屋さんに出向き自分の持っている鍵を出せばすぐに合鍵を作ってくれます。

合鍵を作るときに必要なものは鍵だけです。身分証明書などの提示は必要ありまん。合鍵を作る場合は、複雑なものほど料金が高くなります。鍵屋さんにも腕の差がありますから、防犯性の高い鍵は断られる場合もあります。

ホームセンターなどで合鍵を作ってくれるところがありますが、その鍵の防犯性は低いと考えていいでしょう。鍵を何度も失くしているなら、合鍵を作るのではなく鍵本体を交換することをおすすめします。

鍵は時代とともに改良されており、最新型を使用すれば防犯効果がアップします。ディスクシリンダー錠やピンシリンダー錠は値段も手頃で一番普及している鍵ですが、防犯性は決して高くありません。もし、自宅の玄関がこれらのタイプなら早めに交換したほうがいいでしょう。

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.