心の疲れの原因

心的疲労

人の言葉から受ける心的疲労状態は自分の考え方と認知のゆがみが原因となり起こります。相手の言葉をストレートに受け止めることが出来ない人に多くみられます。

この背景には少年期~壮年期にかけての生活環境が関係しています。他人の言葉を聞かない、両親との関係が円満ではない。不仲は外界の人間関係にも影響を与えていきます。

「差別行為」を受けていたという部分です。一般の人ならば簡単にはなりませんが特別なハイリスク状態が続く家庭環境で育った場合には、相手の言葉で自分が苦しまなように自己防衛を行うストレスコーピングを無意識に起こしている可能性があります。

■家庭内暴力を目撃したことがある
■放火をした経歴がある
■自動車運転で人身事故を起こしたり、自分が被害者になったことがある。
■外出時の態度や表情の変化が激しい

これまでの人生でトラウマになりうる経験がある人は専門家のカウンセリングで疲労の原因を探る必要があります。

ここで家族や周囲の人は本人に気づかれないようにして「言葉の裏付け調査」を進めていきます。疲労の原因は「本人にある」と狙いをつけて証拠を集めていきます。

ドライバーの心的疲労

自動車を運転すると疲れませんか?自動車の運転は全身の神経を集中させます。ドライバーは周囲に目を配り常に緊張状態で運転を行います。その警戒意識が精神的な消耗状態につながります。

普通に運転して疲れたとか精神艇に疲労があるのは一部の人で「筋肉の血行不良」が原因ですからすぐ改善されます。

自動車やバイクを運転すると怒り・恐怖・憎しみ・羞恥心・罪悪感が感情表出していると疑われた際には早期の治療が必要です。

交通ルートを把握して事前に先回りして普段の運転の様子をチェックします。本人の顔色や声色などを観察していきます。その際にメンタル関係の存在を気づかれてはいけません。

疲労の長期化

心的疲労は日常生活を改善することである程度緩和することができます。しかし、うつ状態になっている場合には改善は困難といえます。

生活習慣にはそれぞれこだわりや価値観があり、役割分担もあります。自分の立ち位置が喪失して不安定な状態が長期に及ぶと、躁病的興奮状態がさらにエスカレートします。

「声が太くなる」「眼球の動きが遅くなる」という特徴があげられます。目の動きが鈍くなる精神状態と声が太くなる精神状態には「抗うつ薬による副作用」があるかもしれません。

副作用的に起きるのは思考が抑制されて自分でコントロールが出来ないからです。

半月ほど休息して身体が楽になり、一般的な生活に戻れる程度の疲れなら大丈夫です。それが数年経過しても持続している場合には専門家の診断をあおぐ必要があります。

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.