完全個室のハイウェイバスが登場!

ハイウェイバス完全個室化

関東バスが完全個室のハイウェイバスの運行を開始すると発表しました。

全室扉付きの完全個室を実現したそうで、完全個室化は業界初とのこと!

写真を見る限り、さすがにバスなので室内は狭いです。

ちょっと圧迫感がありますね。閉所恐怖症の人は無理だと思います。

これまで何回かハイウェイバスに乗ったことがありますが、腰や足が痛くなるのであまり好きではありません。

多少狭くても足が延ばせる空間が欲しいです。

それでも、人の目を気にせずに移動したい人にとっては、完全個室化は良いサービスだと思います。

利用する人も多いのではないでしょうか。

2017年1月18日から東京池袋ー大阪なんば間を1日1往復し、片道の運賃が大人2万円、子供1万5500円とのこと。

運行記念として2月28日(火)までは片道大人1万8000円、子供1万4500円の割引運賃となります。

運転手の過労や多発する事故などであまり良いイメージのないハイウェイバスですが、各社ともいろいろなサービスを提供して顧客の獲得をはかっています。

利用する側としては、サービスを選べるのは良いことなのですが、何といっても安全が第一なので、労働環境の改善を優先してほしいです。

ハイウェイバスの新サービス、安全性に関する注目記事

業界初 全室扉付き完全個室型の夜行高速バス、デビュー 関東バス

このバスは、全11席を黒色の扉と仕切りにより完全個室化。関東バスは「業界初の全室扉付き完全個室型」とし、「バスという領域を超え、まるでホテルに宿泊しているような感覚」で移動できるといいます。

車両安全対策|安全・安心への取り組み|西日本ジェイアールバス

「モービルアイ」とは、バスのフロントガラスに取り付けたカメラが、車間距離が短い時、ふらつき運転、前方車両への急接近などの危険運転を常に捉え、ディスプレーと警報音で「危険」を運転士に知らせます。

WILLER EXPRESSの安全の取り組み|高速バス

WILLER EXPRESSの全車両にドライブレコーダーを設置し、車内外の撮影用カメラ5台と共に走行データ(速度,加速度,位置情報など)を監視しています。 一定の速度超過 急ハンドル 急ブレーキなど異常を検知すると、各営業所に設置された管理画面に通知され、ただちに車番、検知場所、

「どこまで進んだ? バスの安全対策」

<事故を繰り返す構造的問題>【構造的な問題とは、どういうことでしょうか?】4年前の事故は「高速ツアーバス」という形態のバスが引き起こしました。高速ツアーバスは、旅行会社がお客さんを募集して、貸切バス会社にバスを運行する「ツアーバス」のひとつ。従来のツアーバスは、お客さんをスキーや温泉などに連れて行って、

「バス 事故」の法律相談

…先日、息子が高速バスのツアーの帰り道で事故に遭いました。高速道路でのバスの追突、横転という惨事でした。 幸いにも息子はムチウチと打撲ですみましたが、先方の保険会社から示談交渉と思われる連絡があり、後日面談の予定です。 この場合、請求できるものとして何がありますか?…

若者になぜ人気!?スキーツアーバスの中身を調査!

この日だけでも、出発するバスは20台以上。800人を超えるツアー客がいるといいます。スキーツアーブームの全盛期は1980年代。当時はそのバスに乗るため、多くの人で、高速バス乗り場はごった返していました。その光景が今も続いていました。

最高級バス『ドリームスリーパー』乗車体験記 ~本当に夢心地なの?~

バスなのに14席しかない。バスなのに完全個室。バスなのに土足厳禁。噂では超ゴージャスな乗り物らしい。乗車時間12時間、走行距離830km。いっちょ噂の真相を確かめてやろうじゃないか。ドリームスリーパーのリアルが今、白日の元にさらされる!

大阪まで乗ってみた!快適に進化する夜行バス

以前から気になっていたウィラーエクスプレスが運行している女性専用車両の3列独立シート「ボーテ」に乗ってみることにしました。キャッチフレーズは「眠っている間にBeaute(きれい)になれる!」これ、いいなっー!!すでにお肌の曲がり角も数回曲がっているIにとって、心躍るオコトバ!バステクフォーラムは5月27日(金)の10時から開催予定。なので、さっそく26日(木)の大阪行き深夜バスを「ウィラートラベル」のサイト

個室がある! 寝返りが打てるシート! 最近の夜行バスが進化している

出張やプチ旅行に便利な高速バス。深夜バスともなると、シートの座り心地の良しあしは、肉体的にも精神的にも大きな影響を与えます。最近はバスシートもかなり進化してきて、まるでカプセルホテルのようなプライベート空間を楽しめるシートや、座っているだけできれいになれる女性向けシートなど、もはやバス車内とは思えない空間を演出するタイプのものが増えてきています。

「夜行バスは疲れる」は昔の話! 進化したゆったりシートなら疲れず快適♪

夜行バスと聞くと「狭い車内で一晩過ごしたら疲れそう」と思う方が多いかもしれません。しかし今、“ゆったり快適”をコンセプトにした、疲れ知らずの最先端シートが登場し、夜行バスはかなり進化しています!これが「思っていた以上に快適」と大好評!どんなシートなのかチェックしてみましょう♪

コクーン乗車レポート!約1万円の夜行バスはアリかナシか

高級高速バスと言われる「コクーン」。興味はあっても、気軽に乗って試そうという人はなかなかいません。コクーンの座席は、他にないかわった形。ちょっと面白そうだし、もしかしたらものすごく快適かもしれない。けど、もしその逆だったら?

東京発!高速バスガイド

安い!便利!快適性もアップ!

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.