一攫千金!トレジャーハンターによる財宝発見が凄い!

一攫千金(いっかくせんきん)

一攫千金を成し遂げたトレジャーハンターたち

コロンビア沖のカリブ海で300年前の沈んだスペイン船からおよそ300億ドルもの財宝がトレジャーハンターによって発見されたというニュースがありました。

財宝を探索するための機器が進化したため、以前よりは財宝を発見しやすくなっているとはいえ、探索には相当の費用がかかるためハイリスク・ハイリターンのイメージが強いトレジャーハンター。

でも、発見したらもの凄く興奮するでしょうね!

世界中には一攫千金を夢見てお宝探しを続け、見事に発見した人たちがいます。

一攫千金・財宝発見に関する注目記事

コロンビア沖に沈む財宝船発見、300年の謎に終止符

サンホセ号の捜索は、トレジャーハンターらにより数十年にわたって行われていた。その間、多くの沈没船が見つかったが、サンホセ号の沈没地点だけはこれまで不明だった。

スペイン沈没船の財宝、計2億5千万円で落札

米フロリダ(Florida)沖で見つかった沈没船から回収された17~18世紀のスペインの財宝の数々がニューヨーク(New York)で競売にかけられ、合わせておよそ200万ドル(約2億5000万円)で落札された。競売会社が6日、明らかにした。

300年前の沈没船から財宝、王室献上コインも

300年前に米国フロリダ州沖で沈没したスペイン船団の船から、52枚の金貨や12メートルの金の鎖、110枚の銀貨やボタンなど総額100万ドル(約1億2400万円)相当の財宝が見つかったと発表された。

18世紀の沈没船から財宝、価値1億2000万円 米フロリダ

今回、発見された財宝は、金貨51枚、長さ12メートルの金の鎖でできた装飾品、スペイン王・フェリペ5世(Felipe V)のために鋳造された「ロイヤル」と呼ばれる特別なコインだ。

300年前に沈没したスペイン艦船から「1億2400万円相当の財宝」が発見される!! 残り498億円近くのお宝が今も海底に眠っているぞ!

一攫千金を夢見て宝探しに人生をかける話は、ほとんど映画や小説といったフィクションの世界で起きることだ。だが、そんな冒険とロマンに満ちたストーリーが、現実の世界で起きたのである! なんとある一家が、探し続けてきた300年前に沈没したスペイン艦船を発見し、1億2400万円相当のお宝が出てきたというのだ!!

【戦艦武蔵】世界の沈没船から見つかった宝物ベスト5!

先日、マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏が、大日本帝国海軍の大和型戦艦の二番艦『武蔵』を発見したと報じられた。『武蔵』は、 1942年に第二次世界大戦時に当時世界最大として建造されたが、1944年10月、フィリピン・シブヤン海にてアメリカ軍の攻撃を受け撃沈。

天性のトレジャー・ハンター! 3歳児が3億3000万の財宝を発見

イギリスに住む3歳の男の子が、初めて使った金属探知機で500年前の金のロケットペンダントを発見し、話題を呼んでいる。彼は父親とともに古墳の発掘に出かけていたのだが、金属探知機を使い始めてわずか5分でこの財宝を発掘したのだ。

パートタイムのトレジャーハンター、沈没船から9億円相当の財宝発見 ボルネオ沖

ドイツ人のトレジャーハンターが約700万ユーロ(約9億4000万円)相当の財宝をボルネオ(Borneo)沖の沈没船から引き上げたと、29日付のドイツのビルド(Bild)紙が伝えた。

日本の埋蔵金伝説

 1598(慶長3)年夏、豊臣秀吉が死の床についたとき、後継ぎの秀頼はまだ6歳。政権を託すにはあまりも幼く、せめてもの不安の解消策として、秀吉は勘定奉行の幡野三郎光照に命じて莫大な黄金を埋蔵させたという。

200兆円の宝の山? 「秀吉の埋蔵金」伝説を追う

4億5000万両(現在の貨幣価値で約200兆円)が眠る宝の山――。中世から近現代にかけて銀や銅を産出した、兵庫県南東部の猪名川町を中心とする多田銀銅山には耳を疑うような伝説が残っている。

日本で発見された埋蔵金!発見されていない主な埋蔵金を調査

日本では、発掘調査や土木工事の現場において発見されることがあり、戦後だけで約50件、埋蔵金の発見報告例があります。

関連記事一覧


Copyright 2019 最近話題のニュース All Rights Reserved.