絶滅危惧種をスキャンして3Dプリント

絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)

アメリカの科学者が世界中の魚をCTスキャナーでスキャンしているそうです。

なぜそんなことをしているのかというと、魚をCTスキャンすることで、骨格の正確な3Dレンダリングが可能になるからです。

アップロードしたデータを使って誰でも3Dプリントで骨格の標本を見ることができるようにしたいそうです。

博物館の標本をスキャンすることで、絶滅した動物や絶滅危惧種のデータも残すことができるようです。

世界中では多くの野生生物が絶滅の危機に瀕しています。絶滅の恐れがある野生生物のリストを「レッドリスト」と呼んでいますが、世界でおよそ2万3000種の生物が載っています。

日本でもおよそ3000種の生物が絶滅危惧種に指定されています。

●代表的な絶滅危惧種
オランウータン
ゴリラ
テングザル
チンパンジー
ジャイアントパンダ
ホッキョクグマ
ツキノワグマ
チーター
ライオン
スマトラトラ
ユキヒョウ
リカオン
カバ
ガラパゴスゾウガメ
アマミノクロウサギ
クロサイ
コモドオオトカゲ
レッサーパンダ
ヤンバルクイナ
ウーパールーパー
ジュゴン
アオウミガメ
アカウミガメ
ワニガメ
ラッコ

絶滅危惧種に関する注目記事

世界中の魚を「CTスキャン」するマッドサイエンティストの野望

ワシントン大学の研究者アダム・サマーズは、現生の魚類の大部分にあたる条鰭(じょうき)類の3万3,000種をすべてスキャンしたいと考えている。大量の標本を手に入れなければならない。彼は基本的には、海で釣るのでなく博物館のコレクションから標本を入手している。「すでに絶滅している個体群もありますし、絶滅危惧種もあります。これらのデータは、かつて存在した生物たちの記録なのです」

哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて

環境省版レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)とは、日本に生息又は生育する野生生物について、生物学的観点から個々の種の絶滅の危険度を評価し、絶滅のおそれのある種を選定し、リストにまとめたものである。

レッドリストについて|WWFジャパン

世界にはどれくらい、絶滅の危機に瀕している野生生物がいるか、ご存知でしょうか? 世界的な自然保護NGOであり、野生生物に関する国際的な知見をたばねるIUCN(国際自然保護連合)では、絶滅の危機に瀕している世界の野生生物のリスト「レッドリスト」を作成しています。このリストには現在、約2万種もの野生生物が名を連ねています。

ウーパールーパーが絶滅の危機

「ウーパールーパー」の名でおなじみの両生類、メキシコサラマンダーが絶滅の危機にさらされている。 数世紀にわたる開発と汚染が原因で、このユニークな生物は現在、メキシコの首都メキシコシティのいくつかの運河にしか生息していない。ナショナル ジオグラフィックのラテンアメリカ版2016年9月号の特集記事によると、このままでは2020年までに絶滅するおそれがあると科学者たちが警告している。

しろくま(ホッキョクグマ)は、世界の絶滅危惧・希少動物

しろくま(ホッキョクグマ)は、世界の絶滅危惧・希少動物である。 陸上最大の肉食動物でもあるシロクマは、国際間の保護活動が進んで1976年から保護動物となった。1950年代には、シロクマは過度な狩猟のため、個体数が減り続けた。それを懸念した旧ソ連は、1956年にはシロクマの捕獲を禁止した。

ツキノワグマは絶滅危惧種なのに、なぜ、猟友会が撃ち殺してしまい、麻酔銃を使って山奥へ返すなどの、ヒトとの共存策を採らないのですか?

ツキノワグマの絶滅の危機関心があり ネット検索していました 長文になりますが私の記憶ではNHKでツキノワグマの生息数を数千頭 たしか6千頭といっていました。ネット上生息数は、確認できませんでした。これに対して H18~H22年度(9月末暫定値 ツキノワグマ   捕獲数 9940頭  捕殺 8961頭 非捕殺 979頭  この5年間の捕殺は、6割にも及びます。

スマトラトラに迫る密猟の脅威|トラについて|WWFジャパン

現在スマトラトラは、IUCN(国際自然保護連合)が絶滅の恐れの高い野生生物種をまとめた「レッドリスト」で、絶滅の恐れが非常に高い「近絶滅亜種(CR)」と評価されています。危機の主な原因は、パルプやパーム油の需要に伴う森林伐採による生息地の森の減少、そして密猟や違法取引によるものです。

アマミノクロウサギがすむ亜熱帯の島・奄美群島

世界のウサギ類の中で特別の位置にいるアマミノクロウサギは、1921年に、動物界はじめての国の天然記念物に指定され、その後、1963年には、もう一ランク上の特別天然記念物になりました。

レッサーパンダ大好き! | 生息状況と保護

現在、野生下に生息しているレッサーパンダは、わずかに5000~7000頭程度と推測され、レッドデータブックでは絶滅危惧種(EN)に指定されています。ワシントン条約(絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)においても、絶滅の恐れがあり、

「日本の水族館から消えてしまう」規制強化、ラッコも危機

ラッコ激減の背景(1)国際取引の規制強化絶滅危惧種としてワシントン条約で国際取引が規制された1973年に採択された「ワシントン条約」では、絶滅の危険性が高いものから順に付属書I~IIIに分類。Iでは商業目的の取引は全面禁止され、IIとIIIは輸出国政府が発行する許可書があれば、商業目的の国際取引も可能。日本の水族館にいるアラスカラッコはIIに掲載されている。

ナショナルジオグラフィックの絶滅危惧種写真集

アメリカの希少種の中でも特に希少な動植物を紹介。

現存当時の写真が残っている、絶滅した11の動物

多くの科学者が、今地球は、全生物種の4分の1が絶滅の淵にあり、地球史上6回目の大量絶滅が始まっていると確信しているんだそうだ。 とはいっても古い種が淘汰され、新しい種が芽生えていくのが自然の流れである地球の生物界においては、

絶滅したと思われた“ドードー鳥”が350年ぶりに発見された貴重映像

コスタリカから生物学的にビッグニュースが届きました!マダガスカル沖のモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類“ドードー鳥”が350年ぶりに発見されたとして大きな話題を呼んでいます。

冬のメンズファッション

関連記事一覧


Copyright 2016 最近話題のニュース All Rights Reserved.