超伝導リニアってどんな仕組みで動くの?

超伝導リニア

2016年大発会から大幅下落をした東京市場!波乱のスタートとなり先行きに不透明感のでてきた株式相場ですが、それでも利益を上げなければいけないトレーダーが注目する銘柄があるそうです。それがリニア関連銘柄です。

2027年品川―名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線は、現在でも様々なメディアで取り上げられ注目されている分野です。さらに2020年には東京オリンピックが控えておりインフラ整備が進められています。

今後ますます注目されていくリニア中央新幹線ですが、超伝導リニアってどんな仕組みで動くのでしょう?磁石の力で浮上するということは知っているのですが、具体的なことは何もわかりません。

気になったので、超伝導リニアの構造や動く仕組みについて調べてみました。

超伝導リニアに関する注目記事

中央リニア新幹線 トンネル工事の関連銘柄

熊谷組は伝統的にトンネル工事に強い。大豊建設はニューマチックケーソン工法やシールドトンネル技術に特徴があり、中央リニア新幹線での大深度地下トンネルの受注を狙う。地層が複雑で難工事が予想されるため、受注出来るのは大手20社程度と言われる。

リニアモーターカーの原理

日本が威信をかけて開発しているリニアモーターカーには超伝導の技術が使われています。リニアを開発している国はいくつかありますが、超伝導を使ったリニアモーターカーは日本だけです。リニアモーターカーの原理を理解するためのキーワードは「超伝導」「電気抵抗」「磁場(磁石)」「電磁誘導」です。この4つのキーワードを把握すれば、超電導リニアモーターカーの原理を理解することができます。

 超電導ってなぁに?

電気抵抗というのは、電流が流れるのを妨げるので電気の一部が熱に変わってしまいます。流れている電流エネルギーが熱となって逃げるので、大きなエネルギーの損失になります。 超電導は抵抗がないので熱を発生することもなく、エネルギーの損失も起こりません。このため、流れている電流は永遠に流れ続けます。

超電導モータ

超電導モータは普通のモータに比べて、(1)小型でも大きな回転力が得られる(2)電気の無駄がなくなり高効率であるといった具合に、たくさんのメリットを持っています。

抵抗とは 電気☆入門

抵抗とは、電流の流れを妨げるものです。電子が導体の中を流れていくと、導体の原子にぶつかります。たくさんぶつかると電子の流れを妨げることになります。この電子の流れを妨げる度合いを抵抗といいます。抵抗の大きさを数値で表すときの単位はオーム[Ω]を用います。

電磁石の性質とは? 電磁石の強さとは?

電磁石をふつうの磁石とくらべると、つぎのような違いがあります。① 電磁石は、コイルに電流を流したり切ったりしてかんたんに磁力を起こしたりなくしたりすることができます。永久磁石はそんなわけにはいきません。一度吸いついた鉄の板を引き離すには、別の力が入ります。

超電導リニアの謎を解く

浮上する夢の乗り物への挑戦(浮上する乗り物の開発/列車をどうやって浮かすのか?

電流がつくる磁場

直線状の導線に電流を流すと、導線に垂直な平面内で導線を中心とする同心円状の磁場ができます*。電流が下向きに流れる場合、磁場の向きは時計回りになります。

リニアモーターカーの電磁波問題とは? わかりやすくご紹介します。

2027年に開通が予定されているリニアモーターカー。実現すれば大阪から東京まで通勤をすることも可能になるそうです。しかし、その一方でリニアモーターカーから生じる電磁波を問題視する声も上がっています。そこで今回は、リニアモーターカーの電磁波問題について少しご紹介をしましょう。

磁石を動かすだけで電気ができるってホント?[関西電力]

コイルに向かって棒磁石のN極を近づけてみるとどうなるでしょう。コイルが近づくにつれ、コイルを通り抜ける磁力線が増えると、そこには電流が流れるのです。この現象を「電磁誘導(でんじゆうどう)」といいます。

リニアライナー磁力浮上・磁力走行の仕組み

車両に搭載した磁石およびコイルと、レールに取り付けられた磁石との反発によって非接触で浮上・走行します。

リニアモータって何 浮上式鉄道車両の浮上方式、原理、構造、開発歴史は?

リニア(Linear)とは、「直線の」という意味で、モータは一般に電気エネルギーを回転力に変換するものですが、リニアモータは「そり」のように直線的な推進力に変換するものです。東京の大江戸線や大阪の長堀鶴見緑地線のような小型化して建設費の低減を目的とした地下鉄も「リニア」地下鉄、JR総研、東海が開発しているような超高速走行を目指した浮上式鉄道も「リニア」モータカーといっており、両者を明確に区別しないで「リニア」と使っていますが、リニアモータを使っている点では共通です。

冬のメンズファッション

関連記事一覧


Copyright 2016 最近話題のニュース All Rights Reserved.