シャチの天敵は人間!シャチ最強伝説!

シャチの天敵

シャチが生きたサメにガブリ!とかみついている動画が公開され話題になっています。

シャチが何かくわえているので、ドローンを飛ばして撮影したところ、何とサメに噛みついていたそうです。

体長1.5メートルほどのサメを、お腹からガブリ!といってます。

シャチって自然界に天敵がいないそうです!サメやホッキョクグマ、クジラさえも襲って食べてしまう獰猛な生き物です。

天敵といえば、武器を使う人間ぐらい。その人間も食用としてシャチを捕獲することはほとんどありません。

なので、シャチは最強の捕食生物ということになります。

さらに、シャチは頭が良い!シャチはイルカの仲間って知ってましたか?

イルカの知能が高いことはよく知られています。同じ仲間だからシャチも知能が高いのでしょう。

シャチは集団で狩りをするし、獲物を海面上に放り投げて子供に獲物の獲り方を教育したりもします。

シャチが人間を襲うことはほとんどないそうです。人喰いサメはいても、人喰いシャチは聞いたことがありませんね。

シャチは人間を獲物として認識していないので、襲わないといわれています。

シャチの天敵、シャチの生態に関する注目記事

シャチが生きたサメを捕食する衝撃の動画、ドローンが撮影

野生生物に姿をさとられにくいドローンは、時に大自然の素晴らしい瞬間を捉えることがあります。ドローンパイロットのSlater Mooreさんは、ドローンにて「2匹のメスのシャチとその子供がサメを捕食」する非常に珍しい動画を撮影

無人機で追うシャチの隠された生態

(CNN) 米海洋大気局(NOAA)とカナダのバンクーバー水族館の共同調査チームがこの夏、無人機に搭載したカメラからシャチの生態をとらえることに成功した。こうした試みは初めてだという。撮影が行われたのは、カナダ・ブリティッシュコロンビア州のジョンストン海峡。

シャチの知能指数はどのくらいでしょうか?

イルカやクジラ、ゾウなどは人間より大きな脳を持ち、それだけ情報処理能力も高いのですが、彼らはヒトより体も大きく、大きな体を制御するために、より多くの情報処理キャパシティを備えなければならないので、

獲物を追い詰めるシャチの群れ

流線形のつややかな巨体、白と黒のツートンカラーが印象的なシャチは、クジラやイルカと同じ海の哺乳類。だが、メルヴィルの小説『白鯨』のように優れた文学作品に描かれた例はまだなさそうだ。

シャチの群れ、コククジラ母子を襲う

ククジラの母親と赤ちゃんが、移動の途中でモントレー湾にさしかかる。そこで待ち受けていた天敵シャチの襲撃をかわすことはできるのか。

ザトウクジラはシャチから他の動物を守る、研究報告

シャチの群れがコククジラを攻撃している最中も、2頭のザトウクジラがその場にいた。しかし、コククジラの子供が死んだ後、14頭以上のザトウクジラが集まってきた。まるでシャチに子クジラを食べさせまいとするように。

米シーワールド、シャチの繁殖中止に 飼育環境への批判受け

シーワールドは声明を発表し、飼育中のシャチが最後の飼育個体となるとしながら、過去40年近くにわたり野生の個体を捕獲していないこと、シャチの繁殖計画を今後一切行わないことなどを明らかにした。

シャチの骨格標本

表紙の写真は、当館のシンボル的存在でもある「シャチ」の骨格標本の1つと生体模型です。頭部だけの骨格は「東京都上野」にある「国立科学博物館」で見たことがありますが、全体のは初めて。

超危険生物

絶対に出会いたくない約50の最強生物を紹介


野生のシャチを超至近距離で撮影した動画

冬のメンズファッション

関連記事一覧


Copyright 2016 最近話題のニュース All Rights Reserved.