人口減少と日本の空き家問題

空き家問題

日本の人口は2015年12月現在でおよそ1億2千6百万人です。人口のピークは2008年の1億2千7百万人なので、7年で100万人減ったことになります。

2030年には1億1千6百万人まで減少し、全人口の3分の1が65歳以上になると予測されています。

空き家が増加して対策に頭を痛めているというニュースが時々流れます。

ゴーストタウンとまではいかないものの、それに近いような街が日本でも増えているのです。

都心部でも老朽化した家を処分することができず、放置しているケースが増えています。

空き家問題はなぜおきるのでしょうか?空き家となっている原因としては、持ち主と連絡がとれない、親の家を処分できずにそのまま放置、解体費用が用意できない、税金の問題などがあるようです。

空き家対策も含め参考になるサイトを紹介します。

空き家問題に関する注目記事

ゴーストタウンがあちこちに? 空き家が蝕む日本の未来

最近、通勤や通学の途中で空き家を見かけたことはありませんか。家の近くに空き家があるという人もいるかもしれません。管理する人はおらず、窓は割れ、家は傾き、雑草は伸び放題。美観を損ねるだけでなく倒壊の危険すらある建物も少なくありません。

人口推計(平成27年(2015年)7月確定値,平成27年12月概算値) (2015年12月21日公表)

【平成27年12月1日現在(概算値)】<総人口> 1億2688万人で,前年同月に比べ減少▲18万人 ▲0.15%)

将来推計人口でみる50年後の日本

将来推計人口とは、全国の将来の出生、死亡及び国際人口移動について仮定を設け、これらに基づいて我が国の将来の人口規模並びに年齢構成等の人口構造の推移について推計したものである。

人口減だけではない 日本の空き家が増え続ける理由

総務省(そうむしょう)の調べでは、2013年10月時点の全国の空き家の数は820万戸になったそうよ。5年前に比べて63万戸増えて、過去最高になったわ。今や7~8軒(けん)のうち1軒が空き家なのよ。

空き家が増える原因

近年、町中で空き家を見かける事が増えました。これは少子高齢化が深刻な田舎だけの話ではなく、東京や大阪などの大都市でも、空き家が多く見受けられます。

固定資産税が6倍に!? 空き家対策特措法の影響は

空き家が増えるとどのようなマイナス面があるのでしょうか。適切な管理が行われていない空き家が増えると、災害・不衛生・景観等を損ねるといった問題があります。

都内の空き家問題が深刻で5万円以下の良質賃貸物件が意外と増えていた

ワンルームでも東京・23区内は家賃が高い……と思いきや、近年はこれまでの平均価格を大きく下回る格安物件が急増しつつあるという。

0円で空き家をもらって東京脱出!

お宝ザックザク!だから、空き家発掘はやめられない!

空家の解体(メリット/デメリット、費用、行政代執行の解体)

建物の解体費用は空き家の場所、規模、構造により大きく異なります。下記はあくまで目安の費用であり、当センターが解体費用を保証するものではありませ ん。また、空き家の解体費用に補助金を出す自治体(東京都足立区など)もあるため、解体に関する助成金がないか、空き家が所在する役所に直接お問合せくだ さい。

空き家の固定資産税・都市計画税について

固定資産税・都市計画税ですが、実は「住宅用地の特例」という制度のお蔭で税金が安くなっています。ただし、「住宅用地の特例」が適用される条件は「住宅が建っていること。」つまり、空き家を解体してしまうとこの制度が適用されなくなり、税金が高くなってしまうのです。

10万円でも売れない“負動産” ゴーストタウン化を招く「空き家予備軍」

郊外の戸建てや分譲住宅がゴーストタウン化するのは湯沢の例をみても明らかだ。街の活力は失われ、犯罪が起きやすくなる。人口減で自治体の運営も厳しさを増すだろう。

DIY型で空き家を解消。国土交通省が「空き家を活用するための知恵袋」発行

深刻化する空き家問題。国土交通省の有識者による検討会が最終報告書を公表したが、それを受けた「個人住宅の賃貸活用ガイドブック」(「空き家」を活用するための知恵袋)が作成された。

プチライダーハウスを始めたいと思います。

知人の空き家が地方の山村にあるので期間限定のライダーハウスでもはじめられればと思います。

空き家&空き店舗で暮らす、遊ぶ! Vol.1:改装はワークショップで。鳩の街の私設図書館

最近ヒガシ東京をはじめ各地で、空き家や空き店舗を再生する動きが出てきています。長い間空き家にしている家や店舗ならば、大家さんはあまり収益を追求しなかったり、考え方が寛容なことがあり、家賃が安く抑えられたり、

冬のメンズファッション

関連記事一覧


Copyright 2016 最近話題のニュース All Rights Reserved.