睡眠時間が足りないとデブになる!脳の前頭前皮質が関与!

睡眠時間が足りないとデブになる

睡眠時間が足りないと甘いものが欲しくなりデブになるといわれています。

食欲をコントロールするホルモンの調整がうまくいかなくなり、食欲が増してしまうからなのだそうです。

これを聞いたときは「何となくそんなものかな?」程度でした。

私なんかは単純に「起きている時間が長いからお腹がすくのでは?」なんて思ってしまうのですが、

報道によると、睡眠時間が足りないと甘いものが欲しくなるのは、脳の前頭前皮質の活動が関係しているとのこと。

筑波大のチームが研究しているようですね。さらに研究が進めば、睡眠と肥満の関係が解明されるかもしれません。

「睡眠時間が足りない」「肥満」に関する注目記事

「寝不足で甘い物」解明=脳の前頭前皮質が制御

寝不足で甘い食べ物が欲しくなるのは、脳の「前頭前皮質」と呼ばれる部分の働きによることが、マウスの実験で分かった。筑波大のミハエル・ラザルス准教授らが10日までに英科学誌イーライフに発表した。

筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|寝不足はダイエットの敵

食べ物の味や香り、食感などの嗜好を判断する役割を担う脳部位である前頭前皮質の神経活動を抑制したマウスでは、レム睡眠量が減少しても、ショ糖の摂取量は増加しませんでした。一方、脂質の摂取量は、

寝不足で糖尿病!? 眠りと血糖値の関係

睡眠不足から肥満や2型糖尿病、あるいは寝不足も寝過ぎも寿命が短くなるなど、過密スケジュールの中で生活している現代人にはちょっと気になる論文が相次いで発表されています。何しろ私たちの睡眠時間は平均6時間(!)で、毎日2時間も寝不足なのですから。

寝不足と薄毛の危険な関係!

仕事に遊びに一生懸命になると、つい寝る間も惜しんで突き進んでしまうものです。ガイドも徹夜で記事を書いてしまったりしますが、実は睡眠不足は、髪の毛に大きなダメージを与えるのです。それを考えて最近では、なんとか徹夜だけは

デブは痩せてもさらにデブになってしまう! 夢も希望もない「リバウンド」の秘密が明らかに

いくら減量しても、体はそれを台無しにしようとする──。ダイエットをテーマとした人気テレビ番組『ザ・ビッゲスト・ルーザー』の出演者を対象とした研究がまとめられた。それによると、出演者14人中13人が番組終了後、6年の間にリバウンドしてしまった。それどころか、

デブはなぜ嫌われる?

何故に肥満の人に厳しいのでしょうか?『汗臭い』『電車などの座席を占領する』といったこともきかれますが太ってない人で汗っかきの人も沢山いますし電車の座席は空いているところを探せばいいだけの話! 昔は肥満には寛大なはずなのに現代では何故に肥満にシビアなのか

ストレス解消に「睡眠」はとても有効

睡眠中には、眠りの深いノンレム睡眠と眠りの浅いレム睡眠が約1時間半ごとに交互に4~5回ほど繰り返されています。眠りの総量は、眠りの深さと時間によって決まるといわれ、多少睡眠時間が短くても、ノンレム睡眠が十分にとれていて、眠りが深ければ

快適睡眠ライフ

皆さんが快適な眠りのために何かしていることがあったら是非教えてください。寝具でも寝具周りのグッズでも。安価でもちょっと値が張るものでもオッケーです。

長生きしたけりゃデブがいい [ 新見正則 ]

身長170cmなら63.6kgが理想体重。しかし、このレポートで同じ170cmで最大86.7kgの過体重のほうが死亡リスクが低いことが明らかになった。つまり、理想体重より20kg以上太っているデブのほうが長生きということなのだ。

冬のメンズファッション

関連記事一覧


Copyright 2016 最近話題のニュース All Rights Reserved.