食後低血圧・めまい立ちくらみ

食後低血圧・めまい立ちくらみ

高齢の方は身体のいろいろな箇所に機能の衰えがでてきます。私たちの身体の中でも重要な心臓や血管も衰えてくるのです。体の隅々まで血液を送る血管ですが、一定の血圧がなければ体に変調をきたします。

血圧は高くてもいけませんが、低くてもいけないのです。食後に血圧が下がる症状を食後低血圧(しょくごていけつあつ)と呼びます。食後低血圧(しょくごていけつあつ)は、食事のあとに症状が現れます。

胃腸への血流が増加し、他の器官への血流が減少するのです。そのためめまいや立ちくらみの症状があらわれます。治療法として薬の服用が考えられますが、多くの高齢者は高血圧のための薬を服用していますから、その作用と相反する薬となります。

したがって、食前に高血圧の薬を服用しないなどの対応が治療法となります。食後低血圧(しょくごていけつあつ)になるのは血管や心臓が血圧低下を未然に防ぐ機能が働かないことが原因です。

私たちの身体はよくできています。血管が収縮したり、心拍数が増加したりすることで血圧を一定に保つ機能があります。また、胃腸などが血液を必要としていることがわかると、その部分に血液を集中させるのです。

その機能が衰えることで食後低血圧(しょくごていけつあつ)になります。高齢による身体機能の低下を改善させることは現代の医学で無理なことです。食後低血圧(しょくごていけつあつ)となることを前提として、対処療法をすることが肝心でしょう。

自分が食後低血圧(しょくごていけつあつ)になると自覚しているなら、食後はすぐに動かず少し横になるといいでしょう。日常生活に大きな問題を起こすわけではなおのであまり神経質にならないことです。

めまい・立ちくらみ

低血圧の方は食後低血圧(しょくごていけつあつ)に注意しましょう。食後に血圧が下がるという症状がでるのですが、血圧の変動範囲内であるため意識していない方も少なくありません。

しかし、元々低血圧であれば、そこからさらに血圧が下がるわけですから、めまいや立ちくらみを起こしてしまうのです。

単に低血圧の人の血圧が下がることが問題だと思っている人もいますが、人間は一定の血圧を保てるような仕組みがあります。その仕組みが働いていないのですから、そのことの方が問題なのです。

食後低血圧(しょくごていけつあつ)の治療法を考えるのではなく、その背後にある血圧をコントロールする仕組みが正常に機能していない状態を改善する必要があるのです。食後だけではなく毎朝起きる時に立ちくらみがすることはありませんか。

運動をすると血圧は上がります。血圧が上がらないのであれば、心臓が正常に動いていないことになります。若い人で食後低血圧(しょくごていけつあつ)ならば、もっと健康に注意しなければならないと言うことです。

立ちくらみやめまいだけで済んでいるうちに、もっと健康になることを考えてください。無理なダイエットや不健康な食事が原因となっていることが多いのです。

食事の管理

血圧と食事は密接な関係にあります。。食後低血圧(しょくごていけつあつ)は食事によって胃腸へ血液が多く運ばれる結果、脳へ運ばれる血液が不足してめまいや立ちくらみとなるのです。食事が消化されてしまえば、血圧は元に戻ります。

食後低血圧(しょくごていけつあつ)にはこれといった治療方法がありません。健康な方でも血圧の変化が生じていますが、体内の調節機能によって正常値の範囲内に留まるのです。食事のメニューによって血圧の変化に違いが生じます。糖質や甘いものを食べることで血圧が上がります。

低血圧で朝が苦手な人はたくさんいますが、甘いチョコレートなどを食べると目覚めがいいと言われています。
朝がしんどいなら一度試してみるといいでしょう。

ダイエットのために朝食を抜いている若い女性は、そのことが体調の悪化につながっていることを理解する必要があります。つまり、食事と血圧、つまり体調を管理することが大切です。食後低血圧(しょくごていけつあつ)になる若い女性が少なくないと言われています。

もちろん、その程度には個人差があります。すべての人が治療法を求めているわけではありません。ただ、気持ちよく食事をしたいと思うなら、少し気にした方がいいでしょう。カフェインは血圧を上げてくれます。コーヒーを飲むと眠れなくなるのはカフェインの影響によると考えられています。

冬のメンズファッション

関連記事一覧


Copyright 2016 最近話題のニュース All Rights Reserved.